高齢者ににきびが発生する理由と予防について

にきびは皮膚上の汚れが毛穴に詰まり、吹き出物が形成されて周りに炎症が発生する状態を指します。

特に皮脂や垢などの汚れがにきびの原因の多数を占めることから、新陳代謝が活発な若年層に多く見られる傾向があります。

その一方で内臓疾患などの体調不良がにきびの原因になるケースもあるので、長期に渡って肌のトラブルが続く場合は病院で検査を受ける必要があります。



薬剤の常用でトラブルが生じることもあるので、場合によっては医師に相談することも大切です。


高齢者は皮脂の分泌量が少ない反面、加齢によって老廃物が体内に蓄積している状態になっていることがあります。



また、疲労やストレスによって体に不具合が生じやすくなっています。
高齢者のにきびは健康管理に気を配ることで予防できるものが多いので、生活習慣を見直して運動や食事について正しい知識を持つことが大切です。

高齢者は皮膚上に疾患が生じると完治するまで時間がかかりやすい傾向があります。

また、傷口から細菌が入り込んで重大な疾患に見舞われるケースもあることから、常ににきびの発生の予防を心がける必要があります。

飲酒や喫煙、睡眠不足などの問題点を解消することが効果的な予防法ですが、急激に生活習慣を変更すると精神的な負担が大きくなり、返って具合が悪くなってしまう可能性もあります。
心身共に健康が良好の状態を維持することが綺麗な肌を保つための条件なので、リラックスできる環境を整えたうえで十分な休息を取るように心がけます。